前へ
次へ

社会の平和のために法律があることの意味と必要性の話

社会生活を送る上で法を守ることの意味は必ずあるでしょう。
人が社会を作ってそれを保ちつづけるためには、平和であって秩序が保たれなければ社会が成り立ちません。
法律が成り立たない世界というのは、究極の意味で自由ですが、自由すぎることで人の理性というものは形骸化してしまうものだったりします。
人に理性があって各々が他人を思いやることで社会というものは成り立っていますが、これをあまりにも無視してしまうとそれは文明社会とは言えない悲惨なものになってしまうでしょう。
身近なことでも法律があることの恩恵を受けている方は多々存在します。
特に肉体的にも精神的にも未熟な子供や衰えているお年寄りはそれを実感する必要があるでしょう。
日本は自己責任社会と言われることもありますが、ある程度の秩序が保たれている状態だから生活保護などのセーフティーネットもありますし、今の平和な日本があるともいえます。
つまり、人間社会の平和のためにはルールや明確な法律がないと成り立たないということです。

Page Top