前へ
次へ

電子タバコは未成年者が吸っても問題ないか

子供に人気のお菓子として、タバコの形をしたチョコレートやガムがあります。
何となく見た目もある銘柄に似せていて、それを持っていたり中のお菓子を取り出すと大人になった気分になれます。
もちろんお菓子なので誰でも食べることができます。
お菓子メーカーが子供の気持ちなどを考えて作ったのでしょう。
タバコに関しては、現在は20歳以上でないと吸えない決まりになっています。
タバコを販売するお店でも、20歳未満の人に売ると罰せられる可能性があります。
では電子タバコと呼ばれる商品はどうかです。
バッテリーの入った本体とリキッドと呼ばれる香りの液体を組み合わせて使います。
タバコのように吸って楽しむし好品です。
海外のものにはニコチン入りなどがありますが、日本ではニコチン入りはありません。
タバコの葉も使われていないので、タバコに似せた全く別のし好品になります。
本来なら法的規制はかかりませんが、販売業者などは未成年者に販売しないところが多いです。
禁煙場所で電子タバコの利用を禁止するところもあります。

Page Top