前へ
次へ

法律を学ぶのは大変ではあるが楽しい

父が弁護士だった影響もあって幼い頃から法律にある程度関心があったのですが、それでも中学、高校と部活に専念していてそれほど法律の勉強をしていた訳ではありませんでした。
転機が訪れたのは進路を決める時で、大学には行きたいと思ったのですがどこの学部に入ろうか迷ってしまいなかなか結論が出ないで朝まで考え込んでいた時もありました。
将来のことを考えて決断しなければならないと思い頭を抱えたのですが、やはり私も父と同じように弁護士になりたいと思い法学部に入ることにしました。
そして何とか希望していた大学の法学部に合格することが出来たのでホッとしたのですが、入ってからが大変で講義に付いて行くだけで精一杯で遊ぶ時間など殆どありませんでした。
ただ講義がかなり難しい内容であったおかげで法律についてより深く学ぶことが出来たので本当に良かったと思っていますし、弁護士になってからも大学時代に学んだことは必ず生かされると確信しています。

Page Top