前へ
次へ

自転車は道路交通法により基本的に車道を走るべき

大抵の場合、幼児期に自転車に乗り始めるのではないでしょうか。
自転車に乗り始めた時に、道路を走るルールをしっかりと学ばないが故に事故が多発しています。
基本的に自転車は道路交通法によって車道を走ることになっていますが、それをきちんと守っているでしょうか。
何気に歩道を走っていたりしていませんか。
それは実は道路交通法違反になり、3か月以下の懲役または5万円以下の罰金に処せされます。
ただし、道路標識などによって歩道を走ってもいい場合がありますし、高齢者や幼児・児童の場合は基本的に歩道を走っていいわけです。
結局のところ、自転車で歩道を走ってもいい場合があるために、どうしても歩道を走ってしまうということでしょう。
歩道を走る場合には歩行者が優先だということは忘れないようにしてください。
また、車道を通行している時に自動車が路肩に停止している時には危ないことがありますので、その場合には歩道を走ったとしてもやむを得ないということもあります。
その場合も道路交通法でやむを得ない時に歩道を通行してもいいとされています。

Page Top